生八つ橋
d0059284_941350.jpg京都定番のお土産といえば焼いたお煎餅風の八つ橋と餡子が挟んであるおたべしか知らなかったけど生でも餡子がないタイプがあるのですね~!お土産で頂いて初めて知りました(^^ゞ長細い本体には切り目が入っていて、それに沿って切り裂くとまさに八つ橋の生版って感じですが家人曰く「中に餡子が欲しいなぁ・・・」おいおい、それだとおたべと変わらないでしょうが(^_^;)



メジャーじゃないかもしれないけど福井には羽二重餅という似たようなお菓子があるのですが
実は私はあれが割りと苦手で(ムニュ&ただ甘いだけってのに弱い)食べられないのです。
(能登にも似たようなひっぱり餅があるけど小豆が入っている分まだ一つ位は食べられます)
だから餡子のない皮の部分だけだと食べられるか少し不安でしたが割りと大丈夫でした。
それらとは食感が違うし(薄い分少し固め?)ニッキの風味があるからかもしれません。

元々シナモンの香りは大好きでパン生地の中に混ぜ込んだりもしますが寒い時期は
体を温めるので一石二鳥です♪最近の研究で血糖値を下げる効果も発見されたとか!
私もここしばらく食べすぎだし体がシナモンを欲しがってるのかも(^^ゞ
[PR]
by sala-rhythm | 2005-12-17 09:42 | food&drink
<< 北陸「道の駅」スタンプラリーの... コーンバター味のポテトチップ >>