庭のハーブ等でタッジーマッジー作り


友人への手土産にタッジーマッジーを作りました

d0059284_2242033.jpgd0059284_22429100.jpg摘み取った後(左)と出来上がり(右)の違いがほとんど無いという下手なブーケですがハーブの香りがその分をカバーしてくれた様な?

紫メッシュ&ピンクの薄紙は以前に頂いた花束のラッピングを再利用しました

メインとなる様な豪華なバラ等があればこういう具合に華やかになったかもしれないけど
現在うちの庭に咲いている花だけで作ったので見栄えは今一つですね(^_^;)


その後に


まとめる時に整理した&落ちた花や葉は捨てずに
d0059284_224432.jpg
小皿に水を入れ飾ってみたら食卓に丁度良いサイズでした^^





タッジーマッジーはシェイクスピア作「ハムレット」のオフィーリアが狂ってゆく
有名なシーンにも出てきますし花言葉とも関係が深いようですが
私はそこまで考えず、その時に綺麗に咲いているハーブを選んでます(^^ゞ

今回使用したハーブはチェリーセージ(赤花)レモンバームとアッブルミント(緑葉)
ツルニチニチソウ(青花:只これは香りは無いハーブで痴呆症等に効くと謂われ
最近では商品化されてもいるようですが生の葉や花はキョウチクトウ科なので毒があり
個人で利用するのは危険だからハーブというよりグランドカバーとしてメジャーかも?)

後は球根植物であるスノーフレーク(白花)ムスカリ(青花)ハナニラ(水色花)
観葉植物のアイビーが2種類とラグラス(穂)とグランドカバーのグルコマ(斑入り葉)です
(ハナニラはニラ臭があるけどミントとレモンバームで上手く誤魔化せました^^)

タッジーマッジーの良い所はブーケとして飾っても良いしティーや料理にも使える事。
これは食用にもなるハーブならではだと思います。またハーブは生命力が強いので
ブーケにした後でも水をコマメに変えて飾っているうちに発根する事が多く
それを挿し木すれば簡単に育てられるので贈る時にはその旨も伝えています。
(実は今回使用したアップルミントも去年のGWに訪れたハーブ園が開催していた
ミントの摘み取りサービスで頂いてきた茎を挿し木して増やした苗でした^m^)

花・香りor料理やお茶or栽培、何か一つでも愉んで頂けたらいいな~☆

[PR]
by sala-rhythm | 2006-04-21 18:05 | handmade
<< 手打ち蕎麦 えんぴつで奥の細道 >>