「ほっ」と。キャンペーン
伊東家の裏技おそうざいパン 
今日はオーブンでパンを焼いてみました♪
d0059284_1513422.jpg
“伊東家の食卓”で紹介されていた裏技おそうざいパンです

1/11にOAされた“絹ごし豆腐を使って誰でも超簡単に、たった5分で生地を作れる“と
いうのを前から試してみたくて真似てみたのですが、う~ん失敗。。。orz




《作り方》
水切りしない絹ごし豆腐100グラムを泡だて器で軽く潰し潰れたら卵1個分の溶き卵を入れ
強力粉200グラム・BP小さじ2・砂糖とサラダ油各大さじ1・塩小さじ1/4を次々とボウルへ。

入れ終わったらあとは耳たぶの固さになるまで混ぜるのですが、混ぜ方にポイントがあって
最初は指先で優しく混ぜて、粉全体に水分をなじませていく
(いきなり手の平で混ぜるより、この方が早く生地をまとめることができる)

生地がそぼろ状になってきたら、手の平で混ぜていくそうです。
台の上で生地を4~5等分にし、生地を丸く平らにして端を折り畳んでいき
中央の窪みにおかずを載せ、あとはつや出しのために生地の表面に溶き卵を塗り
180℃のオーブンで15~20分焼くだけ。

すると、発酵させていないのに、ふっくら生地がふくらんで
美味しそうなお惣菜パンのできあがり!

というもので“この生地は、発酵させた後のパンのように、生地に粘りもある”のは
確かでしたが、あまりうまく膨らみませんでした。
(BPが小さじ1と勘違いして作ったのが原因だと思われ・・・(^_^;) 

7年ほど前にカタログハウスの通販生活で浅めのカップみたいなパンを売ってたことがあり
それもそこに昨夜の残り物をつめて朝出せば一石二鳥ってものだったので
それをイメージして作ってみたけどうまくいかないものですね(~_~;)
初めて作る物はまず少量で試した方がいいものだなぁと一つ教訓になりました。

せっかく欲張って2倍の量をつくり、一段目は昨夜の残り物のハンバーグに
ケチャップをかけた物を、二段目は同じく残り物の白菜・筍・高野豆腐・クコの実・玉葱・人参
木耳の中華風クリーム煮の具にチーズを載せた物と4個ずつ計8個も作ってしまったけど
あまり美味しくできあがらなかった&おかずの分ボリュームがあって2個しか食べられず
沢山残ってしまいました。明朝はこれで我慢してもらおうっと(^^ゞ

[PR]
by sala-rhythm | 2005-04-28 15:11 | food&drink
<< マルチカラーのアジュガ(十二単... おからクラッカー&おからビスコ... >>