ぐるっとパスで山種美術館へ

ちょうどムラサキシキブの見頃で綺麗でした☆
d0059284_738178.jpg
今年度から初参加(な筈・・と曖昧だけど(^^ゞ)の山種美術館


今回の目的は有名な収蔵作品、竹内栖鳳『班猫』♡
d0059284_12275542.jpg
美の巨人達で知ってから実物を見たくって(#^.^#)




猫を描いた画家・竹内栖鳳は第一回文化勲章受賞者にして、東の横山大観と並び
西の栖鳳と称された日本画の巨匠だそう(日本画はうとく全然知りませんでした(^^ゞ)
確かに厚塗りしない日本画で猫のフワフワした毛並みを触りたい位に描画されている様は
素晴らしく、この魅力的な瞳と共にすごい存在感がある絵でした!!!重要文化財に指定されて
いるようですが私的には国宝クラスの美術品に思えました。猫好きの方なら必見です☆

ただ惜しむらくは美術館が小さく(コインロッカーは無くトイレもビルと共用スペースのみ)
いかにもビルの一室(といっても展示スペースは三室あるのですが)といった雰囲気な事。
ミュージアムショップを覗き、こちらの収蔵作品を知ると日本を代表する様な作品を数多く
有してるのにビックリ(作品は割と切手にも採用されているようです!今ではプレミア価格に
なっており美術館でも葉書とセットで販売中でした)でも、それだけに落差を感じたのですが
どうもお家騒動があり(それは有名だったようです!)その余波でこうなったみたいで・・・
この美術館は日本でも数少ない日本画専門の美術館なのに、なんとも。。。orz
移転前、日本橋にあった時に一度来館できてたらなぁ・・・。ただ、こちらは桜の名所である
千鳥が淵に近く、その地の利を生かしてか春には桜の作品を毎年展示しておられるみたい。
そして施設は小さくともルームフレグランスなどを使ったりと工夫しておられるようです。
来春には桜見物がてら是非それらの作品も鑑賞したいな~☆今から楽しみ^m^


帰りは九段下からメトロに乗ろうと内堀通りを歩いてみると
d0059284_8211448.jpg
千秋文庫(旧秋田藩主佐竹家ゆかりの資料を収めた博物館)を発見♪d0059284_8264870.jpgd0059284_8265778.jpg

















そのビル入り口には小林旅風(左)山上憶良(右)の言葉があり素敵な雰囲気☆
今度来た時にはこちらも寄って拝見したいものです


千鳥が淵では色んな動物が♪d0059284_829649.jpgd0059284_8291481.jpg

→瞑想しているみたい

←携帯デジカメなのでボケボケですが白鷺と彼岸花とお堀の水が絶妙のコントラストで綺麗でした☆

今日は久しぶりに大切な友人とクレヨンハウスでランチデートが主目的で、それだけでも
十分楽しかったのに、その上こんな貴重な出会いもありスペシャルハッピーデーでした♪♪
TさんHさんMさん楽しい時間を有難うございましたm(__)m 又遊んで下さいませ♡

[PR]
by sala-rhythm | 2006-10-03 23:59 | 美術館&博物館
<< 旧朝香宮のアール・デコ -小客... 市販薬にもあるジェネリック医薬品 >>