ぐるっとパスで泉屋博古館分館と大倉集古館へ

 通院帰りに六本木で寄り道し南北線六本木1丁目駅は今回初めて利用したのでドキドキ♡
d0059284_11374.jpg
改札から左のエスカレーターを上がると天井ガラスに雨粒模様えを見つけ綺麗でちょっと見惚れてしまい記念に写真を一枚(^^;雨でも濡れないだけでなく景観も眺められなかなかいいデザイン♪

右隣の近代的なビルが泉ガーデンでギャラリーもあるようだけど今日は展示が無い様子

泉屋博古館分館では前から見るのを楽しみにしていた
“共立女子学園コレクション 華麗なる装いの世界 江戸・明治・大正”を開催中で
犬が牡丹園で遊んでいる様子が可愛い打ち掛け☆
d0059284_1193866.jpg

和宮所用箪笥なので菊と葵の御紋入り             鵜飼がモチーフになってます!d0059284_1195517.jpg
d0059284_11107100.jpg






子供用には本のモチーフも!(左袖と後ろ身頃)
d0059284_11105777.jpg
勉強を沢山してという親の願いかな?
OG&現役の女子大生と思しき方がチラホラおられたけど、ゆっくり観賞出来ました♪


大使館を横目に大倉集古館
d0059284_11262146.jpg
 館内に入る前に建物周囲を一周すると色々あって楽しい(ここ迄は無料なのでオススメ!)
d0059284_11274248.jpg
 手前のを最初は猫かな?可愛い♪と思ったら、よく見ると中国風髪型?の石像でした(^^;



睡蓮が咲いていて綺麗でした                        裏庭は和洋折衷風☆ d0059284_11314712.jpgd0059284_1132272.jpg

館内では“曼荼羅の世界 玉重コレクション チベット仏教美術”と“インドの家庭の神像と画像 山内コレクション”で、仏教にうとい私にはちょっとチンプンカンブンでした(汗)




帰りは大使館ウォッチングしながら(ミーハーでして(^^ゞ)駅へ

d0059284_12242948.jpgd0059284_12245416.jpg←アメリカ大使館は奥の白い建物(ちょっと和風)
テロ対策か警備がすごい!

   スウェーデン大使館→
マークに王国の威厳あり!

スペイン大使館↓はなんとなくイメージ通りだけど、囲い(右)が青海波模様でやっぱり和風
d0059284_12251547.jpgd0059284_12252559.jpg

中の建物は樹木が邪魔であまり見えなかったけど赤い洋瓦屋根でスペイン風


アメリカ大使館以外は警備の方の姿は見えず、スウェーデン大使館は扉が開いてました!




泉屋(せんおく)博古館分館は京都に本館があり、後からできた東京のこちらは分館だそうで
住友コレクションが主な収容物だそうです。住友コレクションってよくは知らないのですが
たぶん住友財閥の方々が蒐集なさった芸術品のコレクションのようです。
初年度のぐるっとパスにはなかった館だったのでこちらに来るのも六本木1丁目駅を
利用したのも初めてで、ちょっとドキドキしたけど駅の改札を出て左のエスカレーターを
上がって3分位という近さ!ほとんど駅直結でビックリしました。
館に行く途中の階段の植木に何故か枇杷の木が植えられ実がたわわに実って美味しそうで
あの実は誰か食べるのかなぁ?と思いつつ、いずみばしを通って泉屋博古館へ。

泉屋博古館は平屋建てのこじんまりした館で、長い廊下を進むと小さな受付とその右手に
大きなロビーがあり、ちょっとモダンな椅子にお茶と冷水、温水のサービスまでありました!
ロビーから右手が第一展示室、左手が第二展示室と展示室が少ないけど
ロビーから眺める庭園も見事で規模の大きさ&給水サービスのあるロビーから
何となく有楽町にある出光美術館を思い起こさせました。

共立女子学園のコレクションだけあってか、観覧者は女性ばかり!そして残念なことに
このコレクションの図録は既に完売御礼の紙が貼られ見れませんでした。
(あっても高くて手が出ないだろうけど、ちょっとチラチラ見たかったなぁ)
和服は町人と武家の物で分けられていましたが、町人の方がどちらかといえば派手で
(江戸時代は裕福層の商人などが多かったからでしょう)武家のほうが落ち着いた感じ。
どれも見事で素敵でしたが、身の丈の小ささから昔の人は小柄だったんだなぁと感じました。

ロビーにかつての展覧会の図録があったのでそれを眺めているうちに荼道具である花入れで
“大名物 砂張舟形釣花入 銘松本舟”を見つけ、その船形のフォルムが素敵だったので
これを次回からの陶芸でモチーフとさせて頂く事に^^。うまく形を再現できるといいな。

ここから近いようなので大倉集古館にも足を伸ばすことに。こちらも初年度のぐるっとパスには
なかった館で初めて訪れる所でしたが、日本で初めての個人美術館なのだそうです。
ホテルオークラの別館を過ぎると本館の前にある中国風の建物がそれで歴史を感じました。
館内に入ってから受付なのですが、館の屋外周囲にも彫刻などいろいろあって
まずはそちらを拝見しましたが、そんな酔狂な事をする人は他になかったようで
私一人ゆっくり歩いて見ることができ、睡蓮が咲いていて綺麗でした^^。

そして館内へ。宿泊客なのか中は割りとそれなりに人がおられました。
曼荼羅というと極彩色をイメージしてましたが、どれも歴史のある古い名品ばかりのようで
(最近作られたCGなどはチベット仏教独特の曼荼羅で極彩色で、カラフルでしたが)
もう色も退色しておりはっきりわからない部分もありましたが、もしはっきり見えても
仏教の素養のない私にはきっと分からなかったことでしょう(^^;

二階に上がるとホテル側にテラスがあってベンチが置いてあり休憩できました。
ちょっとここで家から持ってきたお握りを食べてランチ休憩。なんだかゆったり~♪
二階の天井は龍のモチーフがあり、建物自体もなかなか見ごたえがありました。
そしてもう一つの山内コレクションもあったのですが、こちらの方がまだ分かりやすく
家庭の神像という事でなんだか親近感も沸いたりしてなかなか面白かったです。

帰りは気になっていた大使館をチラチラ見物しながら、再び六本木1丁目駅へ。
大使館はそれぞれ警備や建物に違いがあってお国柄やら世界情勢が垣間見え面白い。
泉ガーデンではお昼時だけあって、3Fのフランス料理レストランQUE SERA(ケセラ)の
ランチボード“前菜2種よりお選びください シラスとホタルイカのスパゲッティーニ 又は
ポークピカタトマトソース コーヒー パン(お好きなだけお取りください 1050yen”に目が・・・
でも先ほどおにぎりを食べたばかり&そろそろ鎮痛剤が切れお腹が痛くなってきたので
1FのPAULベーカリーにも寄らずに帰途へ。初めての六本木1丁目は私にとって
六本木ヒルズよりこじんまりと落ち着いていて好印象。またいつか行きたいな。

それにしても、今日の二館はぐるっとパスを使わなければ800円+千円かかる事になり
ぐるっとパス一冊(2か月有効)とほぼ同額\(◎o◎)/!このパスは私のような主婦には
ほんと有難い存在ですm(__)m 期限まであと約一ヶ月。次はどこを回ろうか楽しみ~☆

[PR]
by sala-rhythm | 2005-06-03 23:59 | 美術館&博物館
<< 市川市動植物園のバラ園 雨でも元気な植物たち >>