松戸の里 宮前の手打ち蕎麦
蕎麦打ちの帰りにKさんと行って来ました♪
江戸川沿い有料橋の袂にある大正初期の建物で、登り旗が目印です
d0059284_1045525.jpg

せいろ(二八蕎麦)は蕎麦豆腐と蕎麦羊羹が付き1050円
d0059284_1051383.jpgd0059284_1052155.jpg











北海道産と長野産の新そばだったそうで、お膳食器の一部は江戸時代の物を使用しているとか!

ちょうど朝打った分のお蕎麦が切れた時だったようで「今から打ちますから
少し時間がかかりますが宜しいですか?」との事で打ちたてを食べる事が出来ました♡




こちらには前にも一度主人と来た事があったのですが、量が男性には少なめで
物足りなかったようで、それ以来ここ数年は来てなかった店でした。久しぶりに来てみたけど
値段は据え置きのままでホッ。こちらでは限定十食で十割蕎麦(田舎蕎麦 1260円)も
食べられるので前回は主人がそれを私が二八を食べたけど風味はあまり変わらなかった
覚えがあります。今回は私が二八をKさんが鴨汁せいろ(1260円)にしましたが、鴨汁は
薄めの味付けで今一つに感じました。(以前ご馳走になったKさん自家製の鴨汁では鴨が
分厚く風味が濃くて美味だっただけに差を感じました)前来た時は夏だったので蕎麦羊羹で
なくて心太だったから、こちらの蕎麦羊羹は初めて食べたけど甘すぎず男性でもOKそう。
自家製だとかで持ち帰り用もあるそうです。でも私的には生姜醤油で食べる蕎麦豆腐の方が
好みでした(こちらは残念ながら持ち帰り用は無し。という事は自家製じゃないのかな?)

金・土・日の11時半から16時迄(といっても当日挽いた分の蕎麦粉が無くなり次第なので
早めに終業する事もあるそうな)しか営業してないお店ですが休日にはかなり混みます。
(しかも何故か県外ナンバーが多いのが不思議ですが口コミ?)平日だと品切れの心配も
少ないし、先着20名様には稲荷寿司のサービスもあるそうなので金曜がお薦めかも?
また、こちらでも蕎麦打ち教室を毎月第三土曜の16時より一回3500円で出来るそうです。
(これが相場なのでしょうけど高いな~とビックリ!)その上、その成果を時々試験するとか!
店の前に三段とか初段とかの札がかかってたけど今の私なら、きっと十級位だろうな(^^ゞ

前々回は風邪でお休みして前回はGWだったので、この日は久々の蕎麦打ち(2回目)で
初めて二八蕎麦に挑戦してみましたが、なんとか繋がり今回も蕎麦がきにはならずホッ^^
次回は外二(蕎麦粉が500gに対して小麦粉が100gと蕎麦粉の二割をつなぎにする割合)
に挑戦の予定ですが粉が100g増えるし難しそう。今からドキドキしちゃいます(^_^;)

最後におまけ?
d0059284_1112369.jpgd0059284_11124544.jpg
駐車場になっているスペースでヘビ苺を見つけました^m^花はもう全部散ったようでしたが左が小さな実、右が完熟した実ですが珍しい!

幼い頃おまま事でよく使ったな~と懐かしくなりました♪
[PR]
by sala-rhythm | 2006-05-16 11:19 | 外食
<< 我家の桜(アッツ桜)がようやく開花♪ ダイコンソウ(ゲウム)が咲きました♪ >>